最適な脳発達のための栄養分

母乳においてのヒトミルクオリゴ糖の存在は、母乳で育てられた幼児のより高い平均知能指数に対する一つの潜在的な説明ができます。
生後数ヶ月間、母乳で育てられた未熟児が、7〜8歳の頃、母乳で育っていない幼児より、もっと高い発達指数と言語知能を示します。

シアル酸は脳のガングリオシドの重要な成分で、神経の表面に現れる複合分子であり、脳の発達に重要な役割を
担います。最新の研究によると、この珍しい糖類はニューロンの間へた神経信号の伝達と記憶の形成、
そして細胞間の通信において重要な役割を担うといわれています。

シアル酸は高度にシアル化されたヒトミルクオリゴ糖の形で人間の母乳に非常に高濃度で存在しています。
これらのシアル化された糖類は、神経発達と脳活動に大きく寄与しています。

シアル酸の摂取が学習能力を持続的に向上させることは既に知られています。
従って、シアル化されたヒトミルクオリゴ糖は、子供の神経系発達のために重要な栄養素を提供することができます。

いくつかの出版物では既に、ヒトミルクオリゴ糖が、加齢による神経変性疾患の影響を減らすと示唆しています。