健康な腸内フローラのためのプレバイオティクス効果

プレバイオティクスは腸において望ましいバクテリアの成長と活動を選択的に刺激する消化不可能な食品成分です。これらのバクテリアの向上された成長及び活動は、健康に良い影響を与えます。

ヒトミルクオリゴ糖のプレバイオティクス的な特徴は非常に確立されていて、20世紀初めに小児科医たちによって初めて知られるようになりました。それ以前にも、母乳で育った子供とそうでない子供の腸内細菌は異なることが知られていました。生後一週間で、母乳で育つ幼児の腸内バクテリアの95パーセントはビフィズス菌になります。このビフィズス菌は腸の酸量に影響を与えることにより、他の望ましくないバクテリアが成長する機会を減らします。

ヒトミルクオリゴ糖にはプレバイオティクスやビフィズス菌の成長を促す効果があります。
ビフィズス菌のような善玉菌は、人間の細胞または病原体とは違って、ヒトミルクオリゴ糖などの成長と活動を支えるエネルギー源として利用することが出来ます。
ヒトミルクオリゴ糖はまた、特定の有害なバクテリアを結合し、細胞表面の受容体に付着するのを防止することにより、人体に広がる能力を低下させるという、さらなる肯定的な効果を備えています。

ヒトミルクオリゴ糖は病原性大腸菌、サルモネラ属種とカンピロバクタージェジュニ(急性腸炎の原因菌)のように、下痢を誘発するバクテリアの成長を妨げます。
ヒトミルクオリゴ糖の独特な腸内結合は、人間の腸内細菌を整えるためのユニークなプレバイオティクス混合物を提供します。
それらは善玉菌の成長と活動を促す一方で、有害なバクテリアの成長を妨げ、そのバクテリアを人体からを除去するのに役立ちます。

最新の研究で、摂取されたヒトミルクオリゴ糖の約5%が人間の消化管で細菌の代謝のために使われることが明らかになりました。
オリゴ糖はこのように有益なバクテリアの成長と活動の改善に非常に貢献しています。
ほとんどのヒトミルクオリゴ糖は消化器系と血流を介して人体を通過し、それから排出されます。
マイクロバイオーム、いわゆる腸内細菌は、人間の代謝系の一部であり、人間の健康に多大きな影響を及ぼします。
好ましいマイクロバイオームは人間の健康のために不可欠といえます。